介護職の就業先

主な施設一覧とその特徴

多様化する介護サービスが存在する中、介護を必要とする利用者の選択肢も様々です。入所型の施設や利用者が日帰りで利用する通所型、ご自宅へお伺いして介護サービスを提供する訪問型など複数の形態に分類されます。サービス形態と施設毎の特徴を以下にまとめています。

特別養護老人ホーム(通称:特養)

形態 入所
施設特徴 常に介護を必要で、自宅での介護が困難とされる要介護者向けの施設。運営母体は社会福祉法人や自治体などの公的機関で、比較的重度で緊急性が高いと判断される方の入所が優先されます。

特別養護老人ホーム(通称:特養)についてはコチラ

介護老人保健施設(通称:老健)

形態 入所 or 通所
施設特徴 自宅での生活復帰を目指す施設で、リハビリを中心に医療ケアを実施しながら機能訓練に重点をおいています。入居者以外に通所(自宅から日帰りで通う事)によるサービス利用者も多くいます。

介護老人保健施設(通称:老健)についてはコチラ

有料老人ホーム

形態 入所
施設特徴 主に民間企業が運営しており、入所基準を設けていない施設もあるため、必ず介護が必要とされる利用者だけではありません。大別すると「介護付・住宅型・健康型」の3つに分かれます。

有料老人ホームについてはコチラ

サービス付高齢者向け住宅(通称:サ高住)

形態 入所
施設特徴 契約形態が独特で、住居部分は賃貸契約を結び、介護サービスを希望する場合は別途利用契約を結ぶ必要があります。居室の広さやバリアフリーなどの設備基準をクリアした住居で生活しつつ、安否確認や介護サービス全般を希望に応じて利用することが可能。

サービス付高齢者向け住宅(通称:サ高住)についてはコチラ

グループホーム

形態 入所
施設特徴 要介護者であることに加えて認知症の方が対象となる施設。少人数で共同生活をしながら介護スタッフの援助が受けられます。「集団生活型介護」と呼ばれることもある。

グループホームについてはコチラ

デイサービス

形態 通所
施設特徴 普段は自宅で生活をしつつ、日帰りで介護施設に通い、日常生活上のお世話や機能訓練を受けることが出来るサービス。

デイサービスについてはコチラ

訪問介護

形態 居宅訪問
施設特徴 施設特徴:介護職員が利用者の自宅を訪問し、介護や日常生活上のお世話を行う。利用者が施設に通うデイサービスとは異なり、介護スタッフが利用者お宅へ訪問し、介護支援を実施する。

訪問介護についてはコチラ

上記以外にも日帰りのリハビリサービスを受けられるデイケアや、在宅利用・日帰り・泊まりも利用できる「小規模多機能型居宅介護」と呼ばれる施設もあり、利用者のニーズに応じて多種多様な介護サービスが存在します。介護業界で就業されるにあたり、サービスや施設の特徴を理解することは重要ですが、介護の業務内容としては大差はありません。もしも就業場所選びに迷いが生じた時は、「転職サポート」へお問い合わせ下さい。